美味しいバルセロナ

バルセロナの美味しいレストラン・バル・カフェを紹介します

       バルセロナの観光情報についてはこちらのサイトをご覧ください! -> おまかせバルセロナ

Dry Martini(おしゃれバー)

男として,いいバーを一つ持っていたいものです。

 

もう今の時代,「男だから」とか「女なのに」とかいう形容詞は流行らないどころか,タブーにまでなってきている気もあります。しかも,ジェンダー等を研究している私としては,いささか敬遠しがちな話題です。それでもやはり,バーを語るときには,「男だから」という形容詞をつけたい。別に「女だから」でもいいのですが,私が男なので笑

 

昔,オランダにサマースクールに行ったとき,同じコースを受講しているであろう女の子が重そうなスーツケースを2つ引いているのを目にしました。私はそのとき何も持っていなかったので,「持とうか?」と声をかけると,「私は男性に物を持たれるほど弱くない」と言われたのをよく思い出します。多分,彼女はジェンダーフリーとかジェンダー平等のような文脈で言ったのでしょうが,私としてはそこにジェンダーとか関係なかったわけです。ジェンダーを超えて,重い荷物を持ってる人を少し手伝う,気持ちだったのに,急にジェンダーの文脈を持ってこられてひどくげんなりしたのを覚えています。

 

レディーファーストとジェンダー平等の議論って感じでしょうか。ん〜,難しい。違う違う,今日は別にそんな問答を語りたかったわけじゃなく。

 

妻の誕生日の前夜祭に行ってた,おしゃれバーがとてもよかったのでその紹介です!

 

その国の普通の人が普通の時に飲むお酒や食べる物を知るには,イギリスだったらパブ,日本なら居酒屋,そしてスペインならバル(バーではない)でしょうか。私も普通のときは,そういったお店が大好きですが,やはりとっておきの日には,とっておきの店でおもてなしをしたい。と,思うとこういうおしゃれバーの歴史はどういうものなのでしょうか。どこの国で生まれたのかな。やはりアメリカでしょうか。高級ホテルがたくさんあるアメリカですから,ホテルのバーから生まれたのかもしれません。

 

以前,日本のバーテンダーさんから,日本にあるバー文化(静かなバーで静かにおしゃれにお酒を飲む,あの感じです)は日本にしかないということを聞いたので,日本から生まれたんでしょうかね。

 

この日のためにバルセロナにあるカクテルバーを調べに調べ,色々候補がありましたがまさに「ザ・バー」感のあるドストライクなバーを選びました。一発目は変化球でなく,ど真ん中に直球で!

 

f:id:crmg:20190625044530j:plain

まずはギムレットとマティーニで乾杯。店の名前にもなっている看板マティーニは,キリッとしていてさすがの美味しさ。ギムレットも甘みの中にジンの爽やかさがしっかり残っていて最高。

 

f:id:crmg:20190625044606j:plain

本当は,カクテルだけで,キリっと爽やかに,そしておしゃれな会話を楽しみたいところなのですが,やはりそこは我ら。体裁よりも食欲が勝ります笑

いや,言い訳かと思うかもしれませんが,おしゃれバーはご飯も美味しいんですよ!しかもここは,レストランと奥で繋がっているためしっかりしたキッチンから美味しい料理が運ばれてきます。つまみに頼んだのは,ウエボス・コン・ロトス(フライドポテトの上に半熟の目玉焼きをのせたもの)と,2トントラックのタイヤくらいあるサイズのパルミジャーノ・レッジャーノを削ったチーズ。どっちも,うまい。

 

身のこなしの軽い若いバーテンダーさんと,熟練のおじいさんバーテンダーさん2人が異なるリズムでサーブしてくれます。明日は妻の誕生日なんだ,と言うと,冷えたカバのサービスまで!フレシェネは,安いカバしか作ってないのかと思ったら,これが美味しくて。

 

誕生日恒例の,一年の振り返りと来年の抱負を聞いて,なぜか私も頑張ろうと思いました笑

 

バー全体の雰囲気は,話しづらいほど静かでもなく,また他人の会話が耳に入るほどうるさくもなくちょうどよく,また席数も結構あるので,苦しい感じもありません。いい空間といい接客,そしていいお酒にもう一杯もう一杯。

 

f:id:crmg:20190625044643j:plain

〆はマルガリータ。

 

ごちそうさまでした!

 

以下の2つのボタンを押して,このブログのランキングを確認してみてください!

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

 

読者登録もよろしくです!

 

Dry Martini

住所:Carrer d'Aribau, 162, 166

時間:(月〜木)13:00〜2:30am,(金)13:00〜3:00am,(土)18:30〜3:00am,(日)18:30〜2:30am

値段:カクテル1杯10ユーロほど

オススメ度:★★★★★